老人ホームの介護に関わる職員体制とは?

  •  一般型特定施設の介護付有料老人ホームは、要介護の入居者を当該有料老人ホームの介護職員がサービスを提供します。
     この介護サービスを提供する介護職員1名が何人の要介護者を介護しているか? 表している割合の数字です。
     介護保険法で定められている、一般型特定施設の最低基準は 3:1です。
    特別養護老人ホームも 3:1の介護体制が通常です。介護職員、看護師、機能訓練士ひとりあたりが、何人のご入居者を担当できるかの割合です。ご入居者への目配りの度合い、配慮に相違が出てくるのは当然です。この数字は、介護の手厚さを図る上で重要であり、毎月 管轄する行政担当部署への提出が義務付けられています。
  • 職員の体制の規制については、                          施設長 : 常勤の管理者                         事務員 : 規定はありません                       生活相談員 : 常勤換算でご入居者100名に対して1名以上          看護職員 : 看護師または准看護師で、ご入居者が30名未満の場合は、           1名以上、30名以上で50名または、その端数を増すごと           に1名を加えた人数以上。                     機能訓練指導員 : 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、            柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師の資格を有し、1名以上   計画作成担当者(ケアマネ):専従で1名以上
  •   以 上
  • 弊社の老人ホームの介護職員体制です。手厚い介護体制です。
  •   
  •  弊社の老人ホームと特別養護老人ホームのほぼ中間の介護職員体制になります。
  •    
  • 介護保険法でさだめられている一般型特定施設の介護付有料老人ホームの最低基準です。特別養護老人ホームもこの介護体制が通常です。介護付有料老人ホームは、一般型特定施設に分類されています。

このページの先頭へ